令和2年度 総合学科発表会が開催されました!

 令和2年度12月16日(水)、本校第一体育館にて総合学科発表会が開催されました。
今回で6回目となる本発表会は、非常に気温が低い中の開催となりました。そのような中、来賓、保護者、報道関係者、学校関係者、総勢26名の方に参加していただきまして、誠にありがとうございました。

 さて、総合学科発表会は、各系列の3年生の代表生徒が「総合的な学習の時間」で学んだ成果を、全校生徒に向けて発表する、本校の特色ある行事の一つです。各系列の発表テーマと発表内容については、以下の通りです。

(1)人文科学系列【発表者:3名】
テーマ:僕たちが社会問題を調べてみました
内容:海洋ゴミ問題について、SDGs(持続可能な開発目標)の「海の豊かさを守ろう」を観点に、地域の海岸線のゴミ問題を調査し、マイバックやマイボトルなど自分たちでできる取り組みや対策を紹介し、意識を変えることを発信しました。

(2)自然科学系列【発表者:4名】
テーマ:最強のシャボン玉への道
内容:大きくて割れにくいシャボン玉を作るために、洗剤や洗濯のり、グラニュー糖などの配合を変え、試行錯誤した実験結果を紹介しました。洗剤:水:洗濯のり=1:8:4の割合が最強のシャボン液と考察し、「最強のシャボン玉」の実演に成功しました。

(3)情報科学系列【発表者:4名】
テーマ:私たちのビジネスプラン お菓子征服~この味いかが?~
内容:手が出しにくい新商品や期間限定のお菓子の試食販売を通じて、消費者の購買行動を促すビジネスプランを考えました。消費者にも生産者にもメリットのあるシステムで、食品業界全体に広がることを狙っていました。

(4)アート系列【発表者:4名】
テーマ:全力アートタイムズ
内容:アート系列の生徒が卒業制作で作成している作品について紹介をしました。「油絵」「アクリル画」「ペン画」「立体作品」「デジタル作品」と多岐にわたる作品を制作中である。某情報バラエティ番組風に発表し、斬新な発表スタイルでした。

(5)デザイン系列【発表者:1名】
テーマ:バーチャルYouTuber 作ってみた
内容:アプリ「PrprLive」を使用し、自分の描いたイラストが学校案内をするバーチャルYouTuberを制作しました。パソコン前の人の動きに連動して、瞬きをしたり、口をあけたりします。発表会では校長が体験をし、卒業制作展では来場者が体験できる予定です。

(6)地域文化系列【発表者:5名】
テーマ:欲しい家具製作
内容:各自が生活に欲しい家具を考え、制作し、その作品を紹介しました。例えば、いろいろな物が収納できる扉付き家具、ポストと傘立てを一体化した作品、組み立て式の机と椅子など。ステージ上では、実物を用意し、使用例をわかりやすく説明していました。

(7)生活福祉系列【発表者:5名】
テーマ:今、私たちにできること
内容:直接交流をもてない時期だからこそ、「つながりを持ち、心を和ませたい」という思いから実施した企画の様子を発表しました。企画としては花を贈り元気を届ける「フラワーパーティー」、福祉施設の利用者さんとの交換日記など。“福祉マインド”に溢れる発表でした。

 7つの系列の発表は、どれも創意工夫がなされており、良い発表会となりました。なお、今回の発表会の様子は、以下の報道関係で紹介されていますので、是非ご覧ください。

【福井新聞】
12月17日(木)23面にて
【丹南ケーブルテレビ】
「ニュース&トピックスたん9」
12月26日(土)~1週間 (放送時間9:00~ 18:00~ 21:00~ ほか)
 *Webでも視聴可能 詳しくは「丹南ケーブルテレビ」で検索